aga 薄毛

agaは男性ホルモンの影響でヘアサイクルが乱れ薄毛になる

agaは男性ホルモンが過剰に分泌するために起こる脱毛症です。男性ホルモンは毛根の中でジヒドロテストステロンをいう物質に変化し、髪の成長を止めたり髪の寿命を短くする働きをします。
本来なら髪の毛は2年?6年間かけて成長し続けるものなのですが、ジヒドロテストステロンは髪に悪い影響を及ぼすため、髪は半年?1年で成長を止め抜けていくようになります。常に短い髪の毛しか頭には残らなくなると共に、ヘアサイクルが乱れてくるので次の髪の毛も生えにくくなり薄毛になるのです。

 

agaは額の生え際や頭頂部の髪の毛が薄くなるという特徴がありますが、それはこの部分の髪の毛が特に男性ホルモンの影響を受けやすいからで、男性ホルモンに強い毛根のある側頭部や後頭部の髪の毛は他の部分の髪の毛が薄くなっても残り続けます。
30代?40代で発症することが多く、対策を取らないとそのまま進行していきます。男性ホルモンの分泌量が多い体質は遺伝によって親から子に伝わるので、家族に髪が薄い人がいる場合には注意して早くから頭皮のケアを始めておくと進行を遅らせることができます。
薄毛を改善するのに一番効果的なのは男性ホルモンの影響を無害化できる薬の服用です。プロペシアといって男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変化するのを抑制する働きがあるため、髪が成長途中で抜けていくのを防ぐことができます。
また薬の服用とともに頭皮環境を改善したり発毛を促すタイプの育毛剤を併用するとさらに改善効果が高まります。育毛剤によって発毛した髪の毛をプロペシアが男性ホルモンから守り成長させてくれます。また頭皮環境の改善によって毛根に栄養が行き渡ったり髪が育ちやすい環境を整えられます。