aga 運動

agaの対策に運動が有効といった研究結果が出ている

agaとは男性型脱毛症の事を指します。日本において1200万人近くの患者がいると推測されていますが、男性型脱毛症は特に成人男性に多くみられます。また主な原因として遺伝や男性ホルモンが関係していると言われています。早い場合は思春期の時期から症状が出現し、額の生え際か頭頂部の髪が徐々に薄くなっていく事が特徴です。

 

一般的にagaは自覚症状が出やすいので気づきやすいとも言われています。主な症状として挙げられているのは抜け毛、髪のボリュームの低下、頭皮の脂っぽさ、地肌が透けてみえるといった症状です。また患者の多くに脱毛している部分にDHTといった物質がある事から、近年はDHTが原因なのではないかと考えられるようになっています。

 

DHTとはジヒドロテストステロンの事です。これが髪の付け根にある細胞と結合し、そこに男性ホルモンが作用する事によって髪に何らかの影響が出ると考えられています。髪は髪の付け根にある細胞から栄養を供給し成長しているので、この細胞が正常に働かない事により髪の成長期が終わってしまう事が研究から明らかになりました。そして髪の成長が止まってしまうと抜け毛が起こったり細い髪が多くなり地肌も見えやすくなります。またこの症状は進行性であるので正しい予防をしていく事が大切となります。
agaの予防の一つに運動が挙げられています。ジヒドロテストステロンは遊離テストテロンが5aリダクターゼという物質と結合する事によって生成されます。運動をする事で遊離テストテロンが抑制されるので、結果としてジヒドロテストステロンの抑制にもつながります。薦められているのは有酸素運動です。ウォーキングやランニング、サイクリングなど様々な物がありますので、自分が継続可能なスポーツを取り入れていく事が大切です。