aga 完治

agaは完治するのでしょうか

どういった状態を完治と呼ぶかは個人個人によって異なります。一般的に髪の毛が元の状態に戻り、回復後も治療を必要としないと言う意味を完治と定義すのであれば、agaは完治はしません。 多くの方は、髪の毛の量を維持し続けたいと考え治療すると思います。ほんの一時期だけでいい、一年間だけでいい、と考える人はごく少数でしょう。aga治療というものは基本的に継続していくものです。継続することで髪の毛を維持する治療ですので上記のような定義でとらえているのであれば、今の医療技術では不可能と言う事になります。 しかし、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から髪の毛の元である「毛包」の再生に成功しましたという研究報告もありますので、この技術を人間に応用すれば近い将来AGAを完全に改善することも不可能ではないかもしれません。) いずれにしても、AGA治療においてどの状態が完全治癒したと判断するかは患者さん一人一人の問題です。

 

AGAは黙っていても治りません。生活習慣の改善を始めとする運動療法や食事療法などの効果を否定するわけではありませんが、期待するほどの効果はないと言われています。これらの予防方法は、専門院で行う治療を前提としています。生活習慣だけでAGAが改善する可能性は低いので、改善の可能性を高めるためにも医療機関での治療を開始すべきでしょう。AGAは早期の治療が明暗を分ける病気です。AGA治療薬(医薬品)を使えば、80%以上の高確率で薄毛は改善できます。 80%というのは、某クリニックが出していた数字ですが、自分でやってみても、確かに十分な発毛ができたし、読者さんの情報からも8割以上の確率で改善できるのは間違いないはずです。特に若いうちはまだ回復できる可能性が高いので、20代であればほぼ100%、薄毛がわからないレベルまで回復できます。