aga 遺伝

遺伝因子が原因の薄毛のaga治療

薄毛の原因はいろいろありますが、環境因子と遺伝因子が主な原因になります。薄毛の症状は遺伝することが多く、親が薄毛であったり、ハゲている人が多い家系の人は、普通の人よりも薄毛になりやすいです。遺伝子検査をすると薄毛になりやすい体質であるかを科学的に判明することができます。環境因子が原因の若ハゲや薄毛の症状は、aga治療をすることによって、薄毛の状態を改善可能です。aga治療では、育毛と発毛と脱毛抑制の3つの効果を得ることができ、毛髪の専門医が薄毛の状態によって最適な治療法を選びます。まだ完全に毛が抜け落ちていない場合には、現存する毛髪を育てる育毛治療が行われます。育毛治療には内服薬と外用薬が使用され、薬効によって頭皮と毛髪の健康状態を改善します。

 

薬を使用することによって毛乳頭に十分に栄養が行き渡り、濃くて太い丈夫な毛髪になります。薄毛の症状がかなり進行し、M字ハゲや頭頂部などがハゲているような場合には、発毛治療を行います。発毛治療とは、ハゲている部分に新しい毛を再生させるための治療法です。発毛治療にはミノキシジルなどのaga治療薬を使用して、ハゲている部分の毛母細胞を活性化させます。毛母細胞が増殖することによって、ハゲている部分から新しい毛が生えてきて、半年から1年程度でフサフサの髪の毛になります。ただし発毛効果には個人差があり、全ての人に薬物療法が有効であるとは言えません。薬物療法によっても毛が生えてこなかった時には、最後の手段として外科治療による植毛によって毛を再生させます。脱毛抑制とは、脱毛することを防ぐための治療法です。脱毛抑制にはプロペシアやフィナステリドなどの医薬品が使用されます。