aga 円形脱毛症

円形脱毛症のaga治療

円形脱毛症は、頭部に10円玉程度の大きさのハゲができる症状です。頭部全体の毛髪が薄くなるのではなく、特定の箇所の毛が抜け落ちることが大きな特徴になります。特定の箇所がハゲになる原因はいろいろありますが、極度のストレスを溜め込んだ時などに発症することが多く、わずか1日で特定の箇所の毛が抜けてしまうこともあります。円形脱毛症を治すためには、クリニックでaga治療を受けることが望ましいです。クリニックでのaga治療は、まずは毛が抜け落ちた原因を究明するため、いろいろな検査を行います。検査を行うことによって、どのような治療法が最適であるかが判明しますので、症状に応じた治療をすることが可能になります。

 

aga治療の内容はクリニックによって異なりますが、一般的には人工毛植毛などの外科的治療や薬物療法が行われることが多いです。東洋医学に基づく治療を行うクリニックも存在します。薬物療法には、塗り薬を頭部に塗る外用療法や、内服薬を服用する内服療法があります。円形脱毛症の治療の場合は、まずは外用療法と内服療法を行い、症状の改善が見られない時には、植毛による外科的治療を行うことになります。希望をすると薬物療法を行わずに、いきなり植毛をすることもできます。薬物療法で使用される薬剤はフィナステリドとミノキシジルが主流になっています。フィナステリドとミノキシジルは、薄毛治療のために世界中で使用されており、この薬の開発によって薄毛治療は大きく進歩したといっても過言ではありません。これらの薬は頭皮の血行を良くして、男性ホルモンの過剰な分泌を抑制する作用があります。薬物療法を続けることによって、半年から1年程度でハゲている箇所に毛が再生します。