AGA 新宿

AGAの症例と新宿で決める際の失敗しない選び方

AGAは新宿のような都市部では高い競争をしながらクリニックを展開しているところも多く、実際に足を運んでその様子を伺うようにするといった行動も当事者たちには大切な要綱です。俗に言う失敗しない選び方を学ぶことで、中長期的なビジョンを持って投資ができるというのが大きな理由だからです。男性に多く発症する頭頂部から禿げてくるようなAGAは、初期のケアが何より重大なことになっていて、どのように対策を講じていくのかが最終的には差となって出ていくようになるのです。新宿のような大きな都市では主にビルの中でAGA専門のクリニックを展開しているところが多く、周囲の人たちの評判も顧客獲得には重要な意味合いを持つので、スタッフの仕事ぶりもきちんと見ておくことが鍵となるわけです。失敗しない選び方についてアドバイスをするとすれば、インターネットに掲載された口コミを見ながらよさそうなところをいくつかピックアップしていくというものが有効的な内容となっていくのです。新宿でAGAを行って数年後には抜け毛を減らすことができたという事例も最近は各メディアで紹介されていることから、思い切ってそういった取り組みへチャレンジしてみるという方法も有りになるのです。AGAにおける失敗しない選び方を納得がいくまできちんと詮索していくことで、想像以上の成果を自らで実現していく方向にも期待が持てるようになっていくのです。ゆえに、行動をする勇気が大切です。

男性の悩み、AGAの原因について

AGAとは、男性型脱毛症をのことです。成人男性に多く見られる髪が薄くなることです。思春期以降に額の髪の生え際や頭頂部の髪の毛が薄くなってきます。どちらか一方がまた、双方から薄くなっていきます。AGAは、円形脱毛症などと違い、髪の毛が薄くなる部分が額の生え際と頭頂部なのが特徴です。一般的にAGAの原因は、遺伝と男性ホルモンと言われています。父親などが髪の毛が薄い場合は、子供にも遺伝してしまうと言われています。また、他にも原因があります。ストレスにより、自律神経のバランスが崩れることにより、頭皮の血流も悪くなり、毛髪に栄養がいかなくなってしまうのです。また、栄養バランスの悪い偏った食事や油っこいものだけの食生活や喫煙習慣、睡眠不足でも新陳代謝が悪くなり、頭皮の状態に悪影響を与えてしまいます。そのため、髪の毛が薄くなってしまうのです。少しでも髪の毛が薄くなるのをくい止めるためにも食生活や生活習慣を見直すことも大切です。 

agaに効果がある亜鉛の働き

 亜鉛は人間にとって必須のミネラルで、毛髪の生成・ホルモンの生成・免疫などの働きに深く関係しています。毛髪の主要構成成分であるケラチンの合成に必須で、毛髪の元とも言えるミネラルです。そのため、このミネラルの不足は毛髪の成長を妨げ、agaの原因になります。また、5αリダクターゼという酵素の働きの阻害や毛母細胞活性化の働きも知られており、治療に不可欠なミネラルです。5αリダクターゼには、男性ホルモンであるテストステロンと結び付く事によって、脱毛の原因になるジビトロテストロンに変化させる働きがあるのですが、亜鉛はこの働きを防ぎます。また、毛母細胞を活性化させ、毛髪の細胞分裂を促し、発毛・育毛を促進させます。そして、内服薬であるフィナステリドは、agaを発症させる原因物質であるジビトロテストロンの生成を抑制させる働きをします。フィナステリドの副作用で性欲減退が挙げられますが、このミネラルには精子形成を促進して、性欲増進する作用があるので、副作用防止にも効果があります。よって、治療薬と併用することで、より高い効果が期待できます。発症前で身内にagaの方がいる場合は、意識的に多く摂取すると予防効果が期待できますし、発症初期の方にも効果的です。

 

 日本人は他国に比べ、亜鉛摂取量が少ないというデータがあります。このミネラルが多く含まれている、肉類や魚類、大豆製品、穀物を普段の食事に意識して取り入れることで、効率的に予防ができます。また、働きを妨げるカルシウムや食物繊維、カフェインは、一緒に摂取することは避けた方がよいです。しかし、毎日食事で摂取し続けることはなかなか困難です。そのため、サプリメントを補助食品として取り入れると、より効果的に摂取することが可能です。

皮脂による脱毛とagaの違いについて

aga(男性型脱毛症)とは生活習慣、年齢、栄養状態にかかわらず成人男性に頭頂部や前頭部に薄毛の症状があらわれる病気です。早期に病気が発覚すれば医療機関である程度改善することが可能ですが、なかなか発症しているのかそれとも他の要因があるのかは素人では判断しにくいが現実です。その中で代表的なのが頭皮の常在菌が異常繁殖したことが原因で起こる脂漏性脱毛症です。そこでここではその両者の違いについて紹介します。
まず両者の大きな違いの1つとして、その発症の原因が挙げられます。

 

agaの発症には男性ホルモンが関わっており、冒頭でも紹介したように食生活や栄養状態などの生活習慣等は発症に関係ないとされています。
一方脂漏性脱毛症の原因は皮脂の過剰分泌によってそれをエサとして成長するカビが繁殖し、それによって頭皮が皮膚炎を起こしてしまうことにあります。これが原因の脱毛というのは過度のストレスなどの生活習慣が大きく関わっているため、この点が大きく異なる点といえます。またフケや頭皮の痒みを伴うことが多いため、急にフケが多くなったという方は要注意といえます。
このように発病の原因が異なっていることから、当然治療法も両者では異なります。

 

前者はホルモンが原因となっているため、治療薬はホルモン剤が中心となりますが、後者の場合はカビの発生が原因となっているため、そのカビを殺傷する抗真菌薬が中心となります。さらに先述したように、普段の生活も大きく発症に関わっているため油分の多い食事をさけ、分泌を抑制することが期待されるビタミンB類を多く含む豆類、魚介類などを積極的に摂取するといった生活習慣の見直しが根治には必要となります。

更新履歴